横浜市都筑区の小児科・内科 大山クリニック

〒224-0037
神奈川県横浜市都筑区茅ケ崎南5丁目1-10

お問い合わせ
TEL:045-941-7171

育児相談

乳幼児健診と栄養士による栄養相談と横浜市乳幼児健診票を使用した公費と自費で行っています。

予防接種

水疱瘡などの感染を避けるために予防接種と一般の診療時間を区別しています。また、感染を予防するためのクリニック内に専用の別室も設けています。

予防接種の費用について

「横浜市乳幼児予防接種予診票」を使用した公費と自費の予防接種を行っています。

■公費
Hib、小児用は肺炎球菌、4種混合(3種混合+ポリオ)、BCG、MR (麻しん,風疹混合)、水痘、日本脳炎子宮頸癌(現在、積極的推奨を行っていない)成人用肺炎球菌 (65歳以上)、高齢者インフルエンザ(65歳以上)
■自費
B型肝炎、ロタウィルス、おたふくかぜ、A型肝炎、インフルエンザ(10月から開始)、公費で射てなかった場合の予防接種

特定健康検査

  • 横浜市国保組合、社会保険、県外国保組合
  • 大腸がん検診
  • 横浜市健康検査
  • 肝炎ウィルス検査(B型、C型)
  • 前立腺特異抗原検査(PSA)

アレルギー

アレルギーは,じんま疹•湿疹•アトピー性皮膚炎などの皮膚症状,咳、鼻水などの呼吸器症状、下痢•嘔吐などの消化器症状と多彩な症状が起こります。
お話しをお聴きし、診察の上、必要な検査(採血によるアレルギー検査など)を 行います。
呼吸困難、全身の皮膚症状、激しい腹痛、ショックなどのアナフィラキシーを起こした患者さんにはエピペンも処方いたします。

■喘息

抗アレルギー剤•ステロイド吸入によるコントロール,気管支拡張剤(吸入、投薬)による発作時の対応を行います。

■アトピー性皮膚炎

最近、食物アレルギーは、皮膚の保護機能が皮膚炎、湿疹などで壊れてしますと、皮膚から吸収された食物でアレルギーが起こることが、はっきりしてきました。
スキンケアが大変重要です。スキンケアの方法を説明して保湿剤 軟膏療法を続けていただき経過を診ていきます。

■アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎

抗アレルギー剤、点鼻、点眼を中心とした治療をしていきます。 スギ花粉症には12歳以上で舌下免疫療法も行います。

■食物アレルギー

原因と思われる食物を検査し、除去の指導を行います。
乳児には栄養士による栄養指導も行っています。
ゆっくりとした食物負荷も御相談しながら実施、負荷試験は、専門病院に お願いしています。

ページのトップへ↑